キャリアから格安SIMに切り替える費用

キャリア3社から格安SIMに乗り換える場合、一体どのくらい費用が必要になるか気になりますよね。簡単な目安がありますのでお教えします。
MENU

意外に出費が多い?!格安SIMに乗り換える費用とは

格安SIMで驚き

キャリア3社から格安SIMに乗り換えるタイミングを間違える&逃すと乗り換え費用が全然変わってしまいます。
今現在、キャリアはだいたい2年周期で契約更新のタイミングがやってきます。
これは、スマホを初めて契約した月が更新月になるので、スマホを新しくした月とかではありません。
また、スマホの分割支払いを終える月でもないので、注意しましょう。
今ならお客様サポートのアプリなどで、契約月が確認できますので、事前に調べておくと良いですね。

 

キャリア3社によって、更新月から乗り換えまで違約金が発生する期間が違いますので、ここも注意するポイントですね。

  • DOCOMOの場合
  • 契約満了月の翌月1日から2ヵ月の間
    (例:7月が契約満了月だったら、8月1日から9月30日までがベストな乗り換えタイミング)

  • auの場合
  • DOCOMOと同じ

  • ソフトバンクの場合
  • 契約満了月日の翌月1日から2ヵ月の間
    ※ソフトバンクは締め日が10日、20日、月末と3種類存在するので、人によって乗り換えタイミングが違います。
    (例:7月10日が締め日なら、7月11日から9月10日までがベストな乗り換えタイミング)

 

さらにベストな乗り換えタイミングは、DOCOMO、auなら月末、ソフトバンクなら締め日に解約若しくはMNPするのがベストです。
きっちり使い切ってから乗り換えましょう。
ちなみに、何も考えないで乗り換えると以下の出費を覚悟しないといけません。

  • 違約金:9,500円
  • 端末残金:人による(2年縛りで払い終わってない場合)
  • MNP転出料:3,000円(電話番号を変えずに乗り換えたい場合)
  • 乗り換え初期費用:3,000円(格安SIMの一般的な価格)

上の2つは、タイミングを逃したり、何も考えないで乗り換えた際にかかる費用です。
シムタロウは早く乗り換えようと焦ったため、違約金は払う羽目になりました。(端末残額は払い終わってました)
是非、あなたは乗り換えるタイミングをじっくり考えて行動してくださいね。
まあ、違約金ぐらいなら乗り換えてから受け取る格安な利用料で十分元はとれますけどね。


このページの先頭へ