スマホの利用料は安くなったのか

昨年、安倍首相が舵取りして総務省からスマホの料金を下げるように提言したというお話。
MENU

スマホの料金って結局、どのブランドが安くなった?

安倍首相があれだけ口出しをしたんだから、スマホの利用料ってもう安くなっているよね?!なんて思っている人、結構いるんじゃないですか。
スマホの利用者が増える一方で、相関的に通信量も上がるため、利用料金はどんどん上がる一方ですよね。
あの政策は、通信事業者の企業努力でもう少し利用料金を全社的に下げてもらえないかという話でした。
どのブランドも総務省の威光には逆らえませんので、分かりましたと対応することにしました。

 

でもですよ、あなたが使っているスマホの利用料、安くなりましたか?
なってないですよね。
あの話には、こんなカラクリがあったのです。

 

スマホの利用料金を下げる → スマホの利用自体が少ないライトユーザー向けのプランを作る
長期利用者の優遇措置 → 縛りを緩和し割引を追加

 

つまり、一番利用されているプランの人たちには特に何の恩恵もない対応だということ。
これからスマホを利用し始める中高年の方や学生さんに向けてのCMが流れているのはそういう事情があるからですね。

 

おそらく、また同じような話が出ては似たような対応が繰り返されるイタチごっこにしかならないのでは…、とシムタロウは思います。

このページの先頭へ